サインアウトしますか?

堤未果(著)

新刊 堤未果「株式会社アメリカの日本解体計画」

新刊 堤未果「株式会社アメリカの日本解体計画」

新刊 堤未果「株式会社アメリカの日本解体計画」

堤未果(著)

単行本

¥980 (税込¥1,078)

単行本

¥980 (税込¥1,078)

この商品は、経営科学出版が販売、発送します。

著者について

国際ジャーナリスト

堤未果

学生時代にアメリカに留学し、その後国際連合婦人開発基金、アムネスティ・インターナショナルニューヨーク支局員を経て、米国野村證券に勤務。
2001年のアメリカ同時多発テロ事件の時は隣のビルの20階にあるオフィスに勤務。 事件を目撃したことで、自らの目で米国という国を見ようと志し、ジャーナリストとなる。 『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)シリーズが77万部を超えるベストセラーになった。米国が作った「経済的徴兵制」という仕組みと、戦争の民営化についての分析が多くのメディアで絶賛された。

その後「政府は必ず嘘をつく」「政府はもう嘘をつけない」(角川新書)シリーズで、国際情勢の表と裏、金融、メディアの世界事情などを分析。日本と世界の核事情を描いた「核大国ニッポン」(小学館)米国の言論統制についての「アメリカから自由が消える」(扶桑社)など著書多数。 2016年の米国大統領選挙では、共和党のドナルド・トランプの当選を予測。

また、2018年に出版した『日本が売られる』は、20万部を超えるベストセラーに。 現在は、米国の政治、経済、医療、教育、報道、核問題、農政など、徹底した現場取材と公文書に基づいた執筆を続ける他、講演・テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など幅広く活動している。

学生時代にアメリカに留学し、その後国際連合婦人開発基金、アムネスティ・インターナショナルニューヨーク支局員を経て、米国野村證券に勤務。
2001年のアメリカ同時多発テロ事件の時は隣のビルの20階にあるオフィスに勤務。 事件を目撃したことで、自らの目で米国という国を見ようと志し、ジャーナリストとなる。 『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)シリーズが77万部を超えるベストセラーになった。米国...

カスタマーレビュー

データを読み込んでいます…

登録情報

出版社:経営科学出版

isbn-10:

isbn-13:

発売日:2020

¥980

(税込¥1,078)

この商品は、経営科学出版が販売、発送します。

登録情報

出版社:経営科学出版

isbn-10:

isbn-13:

発売日:2020

¥980 (税込¥1,078)