サインアウトしますか?

当事者が暴く嘘だらけの拉致問題「拉致解決・第一人者の告白」

篠原常一郎

カスタマーレビュー

データを読み込んでいます…

著者について

ジャーナリスト

篠原常一郎

元日本共産党国会議員秘書。1960年東京都生まれ。18歳で日本共産党に入党。立教大学文学部教育学科卒業。公立小学校の非常勤教員を経て、日本共産党専従に。筆坂秀世参議院議員の公設秘書を務めた他、民主党衆議院議員の政策秘書を務める。当中央委員会に勤務した後、突如査問を受け2004年に党除籍。以降は、ジャーナリストとして、軍事、安全保障問題やチュチェ思想に関する執筆・講演活動を行っている。主な著書に『ノモンハンの真実』(筆名・古是三春、光人社NF文庫)、『いますぐ読みたい日本共産党の謎』(徳間書店)。YouTubeで「古是三春(ふるぜみつはる)チャンネル」開局中。

元日本共産党国会議員秘書。1960年東京都生まれ。18歳で日本共産党に入党。立教大学文学部教育学科卒業。公立小学校の非常勤教員を経て、日本共産党専従に。筆坂秀世参議院議員の公設秘書を務めた他、民主党衆議院議員の政策秘書を務める。当中央委員会に勤務した後、突如査問を受け2004年に党除籍。以降は、ジャーナリストとして、軍事、安全保障問題やチュチェ思想に関する執筆・講演活動を行っている。主な著書...